キャッシュパスポートの買い物時における使い方は2種類あります。

 

それは旅先(留学先)でその国の通貨を引き出して「現金」として使う場合と、カードにチャージした金額を「キャッシュレス」の決済手段として使用する場合です。

キャッシュパスポートの使い方

cashpassport-tukaikata

事前にキャッシュパスポートへの入金が必要?

どちらの場合も旅行の出発前に日本円をカードに入金しておく必要がありますし、「マスターカード対応ATM・加盟店」で利用できることも共通です。ATMの場所を探すには、マスターカードのHPで“ATMロケーター”をクリックしてキーワード入力を行えば、目的地付近のATM設置場所を検索することができます。

 

ウェブ上で通過管理ができる?

キャッシュパスポートでは専用のウェブサイト「マイアカウント」内において、それぞれの通貨の残高照会・やり取りした履歴、カードでの通貨移動などを操作します。マイアカウントを利用するためには「登録」が必要で、それはサイトのログイン画面より新規登録を行うことでできます。残高照会の場合はフリーダイヤルの電話でも確認することができるので便利です。

 

➡️キャッシュパスポートの口コミや評判!デメリットはレートが高い?

 

旅先での入金できる?

旅行中に残高が少なくなるなどしてチャージしたい思ったときは、ATMおよびインターネットバンキング、銀行窓口などからできます。

 

カードの保有者本人がチャージを行うときは特別な手続きを必要としません。留学や長期間にわたる滞在時には日本にいる家族からチャージをしてもらうことも可能です。その際は事前に「入金委任状」を用意しておく必要がありますが、それさえあればいつでも「海外送金」を行うことができるので、安心できます。

 

また、カードの残高払い戻しについては問題なくできます。チャージしたお金はその全てを無駄にすることなく使うことができ、さらに残高がある状態で追加チャージを行えば次回の旅行時に役立てることもできます。ただしカード有効期間内に済ませましょう。

 

旅行中にトラブルが起きた場合は?

海外旅行中に何らかのトラブルに見舞われたとき、一本の相談電話をかけましょう。自動音声ガイダンスに沿って、カード残高の照会・確認、暗証番号(PINコード)の確認が可能です。

 

その他、カードの紛失や盗難の連絡、取引の履歴に対する問い合わせ、緊急時における現金の手配、同じく緊急時における簡単な通訳のサービス、また緊急メッセージサービスなどを利用することができます。これらは24時間無料サポートなので、いざというときにとても安心できる仕組みが整っているわけです。

 

このようなバックアップ体制の充実は、カードの利便性と共に重要な要素です。ちなみにもしカードを紛失した場合も「スペアカード」があるため、カードが手元になく困るという状態を防ぐことができます。

 

➡️キャッシュパスポートで旅行時等のメリット!上限や通貨の移動!

 

キャッシュパスポートを退会するには?

最後に退会について説明します。退会とはもちろん契約の終了を意味します。契約を終了したいと思ったときは、「オンライン清算フォーム」にて必要項目に入力をします。そうすればユーザーが指定する口座にカード残金が振り込まれます。ただし振込手数料はユーザー負担となり、指定口座に振り込まれるまでおよそ1週間から2週間ほどの時間がかかることになります。

 

➡️キャッシュパスポートの公式サイトはこちら

 

キャッシュパスポートの維持費

cashpassport-tukaikata

便利で安心なキャッシュパスポートですが、それを維持管理するための費用はどうしても必要になります。

 

入金手数料

入金手数料ですが、これは入金金額の1%が必要になります。ATMの引き出し手数料について、ATMの運営者が独自に設定している手数料が別に必要になる場合もありますが、基本的に日本円にして200円、2米ドル、1.75ユーロ、1.50英ポンドなどの手数料が必要になります。

 

維持管理料

月間におけるカード維持管理料については、カードを使わなくなった日(最終利用日)から13か月目以降に150円(またはそれに相当する外貨の金額)の手数料(口座維持管理料)が発生します。これはカードの利用や入金を再開する、もしくはカードの退会解約手続きを完了するまでの間、さらにはカード残高が手数料以下になるまでの間、ずっと自動的に引き落とされます。そこは特に注意しておく必要があります。

 

別の通貨へ移動した際の手数料

自分のアカウント内での通貨から別の通貨へ移動したときに生じる費用は、キャッシュパスポートのシステムレートに5.5%プラスしたレートになります。次いで為替レートに関しては、マスターカードの当日における標準の決済レートもしくは政府が指定するレートに4%を乗じたレートになります。これはマスターカード加盟店において利用したとき、ATMからお金を引き出したときに、カードの中に決済するための通貨(現地の通貨)を保有していなかったり不足していたりする場合に、手持ちの通貨を使って現地の通貨に換金するときの手数料が適用されます。

 

ATM手数料

ATMから引き出す際に、カードの中にある現地の通貨以外の通貨で引き出しを実行する場合には、マスターカードが設定するレートに4%の為替手数料が上乗せさせる決まりとなっています。

 

その他手数料

退会にかかる費用について、カード1セット(オリジナルカード・スペアカード)に500円(税別)の清算手数料が発生します。入会から退会まで、便利さと安全性を兼ね備えたカードを維持管理していくための費用が必要になってきますので、それらをきちんと把握しておきましょう。

 

➡️キャッシュパスポートの公式サイトはこちら

 

この記事を書いた人

楽得NAVIの管理人:田中一平
初めまして。楽得NAVI管理人の田中一平です。
WEBマーケティングがメインの会社を経営しています。

このブログでは主に生活全般に関する役立つ情報を配信しています。
キャッシングや不動産、勉強など、個人的に経験したことやおすすめできると思ったことは、記事にして随時伝えていきたいと思います。