英語の学習に時間つかってはいるものの、なかなか身につかないといった方は、英語そのものが嫌いになってしまうケースが多いです。しかし今は国際社会です。

 

地域によっては海外から移住されている方も多くみますし、なにより仕事に支障がでるから英会話教室に通っているといった方も多いのです。

 

七田式英語教材の効果

shichidashiki-kuchikomi

今回は英語を苦手とする方のために、短期間で英語をマスターできる「七田式英語教材」の紹介をします。そもそも七田式とはなにか、から説明します。

 

七田式とは何か?

“七田”とは、日本で英語学習を広めたといわれる、七田眞先生の名前から取ったものです。

 

その七田先生の学習方針を“七田式”と呼びます。

 

七田式の学習方法は?

では、七田式の学習方法を説明していきます。

 

七田式の最大の特徴は、1日20分の学習を約2か月かければ、誰でも日常英会話が話せるようになるのです。

 

では、なにを20分間学ぶのかというと、ある短い英文です。

 

しかし、ここで間違えてはいけないこと、それは“書く・聞く”ではなく“読む・発する”ことです。ネイティブの話している声を聞き続けたところで、英語が話せるようになるわけではないのです。

 

七田式では“つぶやき”を学習の核として進めていきます。七田先生の用意した英文をひたすら呟いて単語を丸暗記するのです。そんなのキリがない。2ヶ月なんて無理だろう。様々なブーイングがあったそうです。

 

しかし、その方々が実際にやってみて、みんな英会話ができるようになり、驚きを隠せなかったようです。その驚きの学習手順の根拠を説明します。

 

七田式のつぶやき学習が効果的な理由

実はネイティブは文法を意識しながら話してはいないのです。もともとある言葉の単語や並びを入れ替えて使っているにすぎません。私たち日本人のつかう日本語で考えたら分りやすいかと思います。文法を意識せず話しているでしょう。もっといえば、日本語の文法を熟知している人は多くないように感じます。ネイティブも同じです。

 

よく使う決まったフレーズに色をつけてみたりしているのです。

 

英会話で一番避けたいのは間の空いた会話です。七田先生いわく、英文法を頭の中で構築させてから話すのでは、会話にならないと言います。

 

なぜなら、頭で考えている間に違う話題に変わってしまっているほど、会話に大事なのはテンポだからです。そのテンポについていくには文法を組み立てている暇なんかないのです。ネイティブと会話できる方の大半は間髪入れずに返事を返します。

 

七田式のつぶやき学習で英語を話せるようになる!?

ここからは、なぜ考える間もなく話すことができるのか説明します。

 

学校や英会話教室で学ぶ文法ですが、60万通り近くあります。しかし実のところネイティブが日常で使っているだろう英文は、わずか60語ぐらいなのです。つまり、60万通りの難単語や英文をマスターしても、ネイティブ自体が知らない可能性も考えられ結局は伝わらない場合もあるのです。

 

日本語でも同じことが言えます。海外の方とお話(日本語)をしていたときに、やたら難しい言葉を使う方がいました。なかなか伝わらず、どちらともなく会話は終了しました。

 

大事なのは、どれだけ多くの言葉を知っているかではない。難しいツールを使って英文法を組み立てたとしても、相手に伝わらなくては意味を成さないのです。だからこそ七田先生は短文だけどネイティブがよく使う60フレーズを徹底的にマスターすることが英会話術と述べているのです。

 

聞き流すのでは歌詞を知らないままに歌を聴いているのと同じこと。どんな内容だったかなんて脳にインプットされているはずがありません。聞いた単語・英文を、実際に口に出して発音することで脳に覚えさせるのです。

 

しっかり2か月続けることで日常の英会話がペラペラになっていることでしょう。

 

➡️七田式英語教材の公式サイトはこちら

 

七田式英語教材の口コミや評判

shichidashiki-kuchikomi

七田式を始めて海外旅行で友だちができた20代女性の口コミ

「海外旅行が好きで、よく行っていたのですが、海外のネックはやはり英語でした。

苦手でもなく得意でもない私は普通に過ごす分には困らないのですが、海外の友達ができることはありませんでした。

まずは英語から学ぶべきと思い七田式を始めました。

60個の単語をひたすら聞いて言葉にする、最初は本当に覚えられるのか疑問に思いましたが、1ヶ月過ぎる頃には大半の単語を覚えていました。

それからは英文もサクサク作れるので、これまでみたいに頭の中で英文法を組み立てながら話すことがなくなりました。

先月アメリカのバージニア州に旅行した際に初めて海外の友達ができました。

やっぱり会話が繋がるための第一歩なのは世界共通だと思いました。

七田式に決めて正解でした。」

 

英会話は英語力だけではなく記憶力も鍛えられた50代男性の口コミ

「なんの目的があるわけではないのですが、苦手だった英語を克服して英会話ができるようになりたい。と思うようになりました。

英会話教室に通うなど1年以上英語の学習に力を入れてきましたが、なかなか成果が出せませんでした。

記憶力も低下してきたためか、英単語が覚えきらないのです。

それでも諦めたくはなくて奮闘していたら、ひょんなことから七田式を知り、始めることにしました。

1日の学習時間が20分程度というのが信じられないほど伸びていくのが自分でも分かります。

まだ1ヶ月経つぐらいですが単語に関しては7割ぐらい頭に入っています。

このまま継続すれば海外旅行も夢ではないような気がします。

それともう一つ驚いたのは、七田式を始めてから記憶力が良くなったように思います。

毎日、聞いて言葉に発しているうちに記憶力まで鍛えられていったのかと思うと七田式の奥深さを感じます。感謝です。」

 

七田式のおかげで留学で困らずに済んだ30代女性の口コミ

「語学留学に行くことが決まったのですが、ひとつも話せないのでは相談のひとつできないと不安になり、留学前に姉に聞いた七田式で学習することにしました。

英会話は空っきしでしたから本当に話せるようになるのかが心配でした。

始めの数日はなにがなんだか分からないままに20分が過ぎていました。

しかし1週間もすれば、単語や短い英文の発音が自分でも信じられないぐらいスムーズにでていました。

2ヶ月経つ頃は日常で使うだろう英語は考えなくても出るようになっていました。

おかげで留学時は色んな方と話すことができて楽しかったですし、なにより困ったときは聞くことができたので留学に行く前に七田式で英語をやっておいて良かったと本当に思います。」

 

➡️七田式英語教材の公式サイトはこちら

 

この記事を書いた人

楽得NAVIの管理人:田中一平
初めまして。楽得NAVI管理人の田中一平です。
WEBマーケティングがメインの会社を経営しています。

このブログでは主に生活全般に関する役立つ情報を配信しています。
キャッシングや不動産、勉強など、個人的に経験したことやおすすめできると思ったことは、記事にして随時伝えていきたいと思います。